FC2ブログ
昨日は秋田県まで遠征してきました。
はじめて参加する3時間エンデューロが大潟村で行われました。
Tさん、N君の3人でエントリーしていましたので、単純に1人1時間のつもりでした。
天気も良く、30度の予想気温に朝から日差しも強烈でした。
水分補給が欠かせません。
10時半スタートで、トップはN君、2番手私、そして3番手にTさんです。
N君実力どおり先頭を引いて20分で戻ってきました。
1周15キロ(公称)ですので、45キロ/hです。
早速ヘルメットカバーを受け取り走り出しました。
先頭集団は200m以上離れましたので、追いつくのに700mほどかかりました。
集団のスピードは35~8キロと緩いスピードです。
集団の中で走れば楽にこなせる、いい感じです。
先頭を引く人は、余り交代もせず、引く人も数人なのでペースが上がらないわけです。
一人高校生のような人が抜け出した?(というより2番手がついていかなかった?)ので、先頭に出て45キロで引いて先頭交代しようとしても後ろの人は交代拒否でがっかりでした。
結局集団のスピードアップを図り、たびたび先頭を引いてTさんに交代。
Tさんも集団を引いて走った様で、交代前にはかなりのスピードでバトルしてました。
N君には2周走ってもらう事にして、ゆっくり休ませてもらいました。
が、まさかこの事で苦労する事になるとは思いませんでした。
N君は驚異的なスピードで集団をふるい落とし、10名程度まで少なくなっていました。
20分を切るタイムで走られたら、いくら平坦とは言え風を受けた人は切れてしまいますね。
交代して私の番です。
集団に追いつくのに手間取ってしまいました。
1,5キロかかってしまいました。
集団で落ち着き、回復を図り、復路で時々先頭交代に加わります。
が200mほど引いて下がるようにしました。
1周廻ってピットを見るとTさんが準備してるので交代のためピットへ。
ところが、Tさん”そのまま行け”と再びコースへ。
集団のほとんどがピットに入ったため、集団は崩れてしまいました。
その間秋田のチームの人が単独で飛び出しました。
集団が形成されるのを待ち、6人ほどで追います。
35キロペースで追いますが差が詰まりません。
38キロまで上げ、やっと1周終わる頃追いつきました。
残り20分で先頭交代できないルールですので、これに間に合うよう時間を気にしつつ走り続けましたが、無情にも100m位手前で制限時間になってしまいました。
1周のつもりが3周走る事になりました。想定外です。
最後の一周は、ゆっくりと入り、徐々にペースアップし4人になりました。
秋田のスピードマンも残っています。
ラスト500mで秋田の人がスパート、割合軽めのギアで廻しています。
そのあとオレンジジャージの人が追走(重いギアです)。
私は、脚質がスピード対応できないので、少し遅れて追走しました。
もう一人はソロで3時間走ってますので諦めたようです。
秋田の人が逃げ勝ったのを見て、5秒ほど遅れて3位でゴールしました。

基本的にサイクリングの延長線にある大会ですので、緩い大会でした。
なので、いつもレースで顔を合わせる事の無い人たちとも会えてよかったです。
MTBクラスでは、酒田の有名人M笠さん達が優勝。
岩手からも医大のメンバーが来ていました。

N君には物足りない大会でしたが、来年は一人ひとり3時間を楽しむ事になるかもしれません。

走行距離 60キロ
昨日はTさんと東京のN君の3人で走りました。
N君は弟弟子で、宮古に遊びに来ています。
路面がところどころ濡れていて、いたるところで通り雨があったようです。
路面を選びながら山田まで来ると、路面は乾き走りやすくなりました。
五葉山に行く事に決め、ひたすらR45を南下。
N君も調子よくスピードを上げてくれます。
吉里吉里のコンビニで朝食と補給を買い小休止。
朝早いので未だ交通量が少なく走りやすい。
釜石を越え、平田の坂でN君が遅れる。
乳酸が溜まってきたとの事でこれからが心配でした。
唐丹で国道を離れ、五葉山へ。
15キロ余りの上りです。
N君も復活してきて、暫く併走します。
勾配が急なところでは遅れますが、緩くなると追いついてきます。
と、足が攣ったので直ったら踏みますと言われ、一人で上りました。
峠まであと3キロほどの所でお目当ての鹿がいました。
目が合い、鹿はやぶの中へ。
峠の手前がきつく、10キロまでスピードダウン。
N君は2分遅れ、Tさんは5分遅れで到着。
下りは寒く、ウインドブレーカーが欲しかったです。
帰りは、少しスピードを上げ帰りました。

走行距離 141キロ
プロフィール

gessate

Author:gessate
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる